SHOWTIE

 みえる、つながる、あの話。

少数派がつくる常識

 

安倍総理のすごいところは、この日本に於いて、
中立を使いこなせるところなのでしょうか。

沈黙が中立の表明のように嘘を教えられた日本人は、声をあげない人種に造り変えられ、黙認を強制されましたが、本当は中立とは、両方に関わって、両方に踏み込んで行く権利を得ることではないでしょうか。

最近、アンリ・デュナンの伝記を読みました。赤十字マークを作った根源は「攻撃されるべきではないすべての人を表示するものであった。この標章は、これをつけている者は攻撃されることはなく、その者にデュナンが「中立」と呼んだ新しい、法的な身分を授けるものであった」と書いてありました。黙って見逃して何もしないのではなく、みずから積極的に両方に関わることで、初めて中立の役割を果たせる。これもまた、少数派5人からのはじまりだと知りました。
裏がないからこそ、両方に、どこにでも、踏み込めている証拠だと思うのです。例えば、青山さんもそうであるように。

 

大丈夫です、どなたでも参加できます!|青山繁晴の道すがらエッセイ/On the Road